偶然が生んだ忘れられない日

彼女との出会いは神様の仕業としか思えませんでした。
私は虫歯のチェックと歯垢と歯石を落とす為定期的に歯医者へ通っていました。

 

ある時、普段見掛ける歯科助手さんとは全く違う感じの人が居ました。
先生が「先週入ったばかりですが、歯科助手の経験者ですからよろしく。

 

」と紹介されました。
彼女はマスク越しに笑顔で挨拶してくれ、早速私の歯垢と歯石を落としてくれました。

 

目元を見る限り私の好みにピッタリな感じで、久しぶりにときめきました。
診察が終わり会計を待っていると、その彼女が受付にやって来て私の名前を呼びました。

 

私は何やら嬉しくなってしまい満面の笑みを浮かべて受付に行きました。
すると診察券の裏にポストイットが貼ってあり携帯番号と名前が書かれていました。

 

まさかと思い彼女を見るとマスクをはずして、ニッコリ笑っていました。
私はその場で仕事終わりの時間を聞きだしました。

 

終わりの時間を見計らって電話をすると、彼女も待ってたかの様に、直ぐに少し離れたショッピングセンターの駐車場で落ち合う事となりました。
私の車で食事にでも行こうと思い、彼女を助手席に乗せた途端、激しいキスをして来ました。

 

私は少々面食らいながらも当然そのままホテルへ直行です。
あれから2年が経ちますがまだあの日の事は忘れられません。